無料で受けられる!

最先端の建物診断技術

サンケンプランニングでは、赤外線サーモグラフィカメラや赤外線ツインカメラ搭載ドローンなどの最先端機器と画像解析ソフト等を駆使し、赤外線建物診断技能師が、お客様の建物を正確に診断・査定いたします。

最先端の撮影技術

赤外線サーモグラフィカメラで地上、室内、上空から撮影します。サーモグラフィにより、目には見えない劣化箇所も見つけることができ、建物の状態を正確に把握できます。

地上、室内での撮影

地上、室内での撮影には、米国FLIR社製のハンディ型赤外線サーモグラフィカメラを使用します。

(320×240ピクセル・広角レンズ装備)


上空からの撮影

上空からの撮影には、DJI社製ドローンPhantom4ProにSKYROBOT社製赤外線撮影システム『SKY FUSION』を搭載し使用します。

(無人航空機操縦技能資格者・赤外線建物診断技能士在籍)

ドローンには、可視カメラ、赤外線カメラのツインカメラを搭載し、同時撮影を可能にしています。

『ドローン搭載用小型赤外

線カメラ VUE Pro』

(336×256ピクセル)


雨漏り箇所の目視画像と赤外線サーモグラフィ画像の比較例

可視カメラと赤外線カメラのツインカメラで撮影することで、雨漏り箇所を特定することができます。

最先端の診断技術

撮影したサーモグラフィ画像は、赤外線建物診断技能師が、専用の解析ソフトで温度差を解析し、建物を診断します。

コールドスポット(青色部分)やホットスポット(赤色部分)を解析することで、目視では発見が困難な、隠れた原因箇所を洗い出します。

建物に傷つけることなく、診断できる検査法で『非破壊検査』と言われています。


コールドスポット

赤外線サーモグラフィ画像の青色の部分をコールドスポットと言います。

雨漏り・壁内結露・壁内の構造材・冷たい外気の侵入などは、表面温度が低く、青色に現れます。

右の画像の例では、部屋の角の天井部分から雨漏りしているのがわかります。


ホットスポット

赤外線サーモグラフィ画像の赤色の部分をホットスポットと言います。

暖かい外気の侵入や温水・通電の異常は温度が高く、赤色で現れます 。

右の画像の例では、外壁タイルが浮いて、外からの暖気が入り込んでいることがわかります。


赤外線サーモグラフィーによる調査でわかること

赤外線サーモグラフィーを使うと、目視ではわからない欠陥部分を正確に診断することができます。